2006年09月04日

一つのボールが世界を変える

8月29日・30日とめざましサンバガールズがお台場冒険王の大会に出場しました。

前回の大会では14-0、11-0、7-0と悔しさの残る試合だったので、みんなかなり気合が入ってました。

前回の練習試合前で教えた新しいフォーメーションが、

とても活きたのですが、あの炎天下の中交代者一人のみ、もしくは交代者0という状況でフットサル経験がない初めて間もないサンバガールズに対して相手は経験者が混じったチームばかり。それでもチームワークの良さから惜しい試合ばかりありました!

特に惜しかった試合がYJシューターズ戦と蹴竹戦。

YJの試合、前半ファールからとったフリーキックから先制点をとり前半リードのまま後半をむかえたのですが、逆転を許してしまい惜しくも敗退。

蹴竹も前回グッドウィル杯で優勝した相手に1−0という実に惜しい試合。。

しかも崩されて取られた点数ではなく、ゴチャゴチャしたカンジでポーンと入ってしまった1失点でした。

試合が終わり整列をして観客に挨拶をする際、右側席・左側席のお客さんにそれぞれサンバダンスを披露してくれました。

これには各フロントの方や自分を含めチーム関係者が最高のエンターテイナーだと感じました。 ホントはヘトヘトな上に負けて悔しくてたまらないはずなのに満面の笑みで暑い中見てくれた観客に対して最高のパフォーマンスをしました。

試合に勝って記録に残る事はとても大事です。 しかし見に来てくれたお客さんやみんなの試合を見ていた周りの人間の記憶に残るプレーとパフォーマンスをした彼女達は素晴らしいものがありました。

彼女達は何が一番大切なのかということを分かっていると感じました。

夏という季節は不思議な季節だと思います。

楽しい事もそうじゃない事も色々やってくるなと感じました。

夏のフットサルはこれでおしまいですが、またみんなとボールを蹴れる日が来るといいです。

そして、大きな怪我もなく真剣に一生懸命ボールを蹴ってくれたサンバガールズに心から感謝しています。 アリガトウ。

そして影ながらサポートしていただいたスタッフ、マネージャーの方々にも心から感謝いたします。 有難うございました。

みんなホントかっこよかった。

フィットワン      http://www.fit-fan.co.jp/

円谷プロダクション http://m-78.jp/   http://blog.goo.ne.jp/38no-jinsei-tanosimuzo-

SPAZIOblog    http://blogs.yahoo.co.jp/spaziofut/folder/299.html

2_2 3 3_1

posted by SPAZIOくん at 19:29 | Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
この女の子達が着ている迷彩のティーシャツかわいいっす!
福岡のフットサルショップに置いてありますかね? 探してみます!
Posted by モトローラ at 2006年09月22日 01:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。